Menu

完全自費診療制・完全予約制

ラクシア銀座歯科クリニック
診療時間 9:30~18:30(月・木曜日は午前のみ) 休診日 日曜日・祝日 03-6263-019003-6263-0190 ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 診療時間 9:30~18:30(月・木曜日は午前のみ) 休診日 日曜日・祝日

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

朝晩はめっきり涼しくなりましたので、体調にお気をつけてくださいね。

 

舌痛症についての続きですが、今回は、その原因についてお話します。

 

舌痛症の原因については、これまで、メンタルの影響、ホルモンの異常、神経痛の一種、口腔内の幻(まぼろし)の痛み、炎症の一種など様々な仮説が唱えられてきましたが、未だ病因は特定できていません

 

目に見える原因が無いため、”精神的なもの”などと解釈されがちですが、実際はうつ病など精神科疾患に患っていた方は2割に届きません。また、過去にうつ病の病歴があっても、うつ病自体は良くなっていることがほとんどで、統合失調症や認知症の方も稀です。元々、元気にされていた方が、お口の症状で悩まされて、それからうつっぽくなったとおっしゃられます。ただし、割合は低いのですが、メンタルの症状が強くなっている方は、専門医の先生の治療が必要になります。紹介すべきかどうかの見極めとともに、そのような患者さんがスムーズに受診できるような良好な医療連携も重要です。

 

話を、「原因」に戻しましょう。まだはっきりしていないのは間違いないのですが、近年は、舌痛症を神経障害性疼痛の亜型(神経痛の一種)とらえる考えが支持されてきています。神経のなかでも抹消だけではなく、中枢が大きく関与していると考えられています。とはいえ、原因を一つに特定することはできず、一般的には個々の症例ごとに様々な原因が複合して影響していると思われます。

舌痛症の約6割の方は単純に痛み以外に、味覚の異常やお口の乾燥感など口腔内の触覚や味覚にも異常感を訴えます。そのような症状の多様性は、複数の原因が併存していることの現れと考えられます。

仮説のレベルですが、脳内の複雑な神経回路のバランスや活動の乱れ、考え方や記憶など高いレベルでの脳機能の歪みなども想定されてます。下の図は、私の師匠が作ったものですが参考になります。あちこちで使い回しをさせて頂いておりまして、誠にすみません(^^;

 

%e4%bb%ae%e8%aa%ac

 

難しいので簡単にいいますと、お口の痛みを感じる脳の機能のバランスが崩れて中枢を巻き込んだ一種の神経痛のようなものが起きていると考えられています。まだまだ、難しいかもしれませんね。

 

それと、歯科治療がきっかけになった方も多いのですが、あくまで「きっかけ」であって、「原因」ではありません。誤解されやすいので説明を追加しておきます。あそこの歯医者さんに行ってからと考えていらっしゃる方もいますが、たまたま「きっかけ」になっただけですので、歯科の先生の治療が「原因」だったというように結び付けないようにしてください。よくお聞きすると、むしろ同じ頃に、家事や仕事が忙しかった、疲れがたまっていた、風邪や病気になったころだった、睡眠不足が続いていた、など心身の疲労や、体調に絡んだ問題、その他、家庭や仕事でのストレス、などの「きっかけ」があった方が多いようです。

では、今回はこの辺で。次回は、治療法について触れていきます。

 

当院のHPはこちらをクリック

ラクシア銀座歯科クリニック

舌痛症、非定型歯痛、口腔異常感、咬合異常感、口臭症など、歯科心身症全般が専門です。

お口の痛み、違和感を、楽(ラク)に幸(シア)わせに。

お悩みの症状がありましたら是非ご相談ください。