Menu

完全予約診療制・銀座駅徒歩2分

ラクシア銀座歯科クリニック
診療時間 9:30~18:00(月・木曜日は午前のみ) 休診日 日曜日・祝日 03-6263-019003-6263-0190 ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 診療時間 9:30~18:00(月・木曜日は午前のみ) 休診日 日曜日・祝日

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

舌痛症についてですが、前回に引き続き、舌に痛みが出る病気について書いてみます。

 

歯や被せ物に鋭利な部分があったり、誤って噛んだりして、舌に傷ができると痛みが出ます。こういったものは一時的で、傷の治りとともに舌痛も収まります。微妙に表面が荒れた仮歯が装着された場合は、仮歯の期間が長くなると傷が出来て、慢性的に外傷性の痛みが続く場合もあります。ただし、この写真のように、荒れた範囲がはっきりしない場合もあり、癌ではないか慎重に経過を観なければなりません。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

その他に、慢性的な舌痛を起こすものには、どんなものがあるのでしょうか。代表的なものは、口腔乾燥症、口腔カンジダ症、地図状舌、貧血、鉄欠乏といったところでしょう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-12-12-26

 

上の写真の左の舌には、白色の苔のようなものが見えます。ガーゼで拭える典型的なカンジダ症によるもので、高齢者、義歯の使用、癌や感染症の影響で免疫力が低下している時などに出現します。また、このような典型的な白色の苔が見られないものあります。右の写真のように口角炎をおこす場合も要注意です。カンジダ菌自体は口腔内の常在菌ですので、菌があれば病気というわけでなく、舌の痛みなど症状があれば治療するということになります。通常は抗真菌薬の軟膏を処方します。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c2

 

上の写真は、舌の表面が赤く、表面の細かい凹凸が無くなり、平らに見えます。口腔乾燥症の一部にはこのような舌になる症例もあります。刺激物でしみたり、ヒリヒリとした舌痛も出現します。口腔乾燥の原因になる唾液量の流出低下は、向精神薬など各種薬剤の内服でも出現します。この症例もその影響が大きいと思われたため、精神科の先生に処方の調整をご相談しました。

 

img_9501

 

次の写真は、地図状舌です。地図のように、白い縁取りのある、赤みがかった斑紋がまだらに出現します。食べ物がしみるなど痛みが出現することが多いです。右の症例は、溝のような亀裂が目立ちます。溝状舌と言われるものですが、これ自体は痛みがない場合がほとんどです。教科書的にも特効薬は無いとされており、うがい薬や軟膏を使用で様子を見ることが多いです。近年、内服薬の処方で劇的に改善する症例も報告されております。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c3

 

最後の写真は、平滑舌という鉄欠乏性貧血によるものです。文字通り、舌の表面が平滑化し赤くなっています。鉄剤内服などの治療で改善しない場合、「舌痛症」としても治療も平行して行います。

 

今回挙げたものは、「舌痛症」というより、カンジダ症や口腔乾燥症という本来の病名で治療されるべきと考えています。ただ、真の「舌痛症」の併存がある症例も多いため、その場合は治療も平行して行います。当院も、このような口腔粘膜疾患にも対応しております。

 

まだまだ舌痛症の解説は続きます。次回以降のお楽しみに。

当院のHPはこちらをクリック

ラクシア銀座歯科クリニック

舌痛症、非定型歯痛、口腔異常感、咬合異常感、口臭症など、歯科心身症全般が専門です。

お口の痛み、違和感を、楽(ラク)に幸(シア)わせに。

お悩みの症状がありましたら是非ご相談ください。