Menu

完全予約診療制・銀座駅徒歩2分

ラクシア銀座歯科クリニック
診療時間 9:30~18:00(月・木曜日は午前のみ) 休診日 日曜日・祝日 03-6263-019003-6263-0190 ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 診療時間 9:30~18:00(月・木曜日は午前のみ) 休診日 日曜日・祝日

対象となる症状


どんな症状を診てもらえますか?

歯医者に行っても異常ないと言われた。何回も治療したが治まらない。そういった、治りにくい、お口の痛みや不快感など、お口のお悩み全般を対象とします。 例えば、原因不明の舌痛や歯痛など痛みの患者さんを中心に、味覚異常や口腔乾燥感なども合わせると、歯科患者全体の10%前後存在すると言われています。その他、被せ物をいくら調整しても適応できない患者さんや、自己の口臭や歯科治療に対する恐怖が過度に強い患者さんなども珍しくありません。

症状の分類

痛みの問題
  • 舌痛症 … 舌など口腔粘膜のヒリヒリピリピリした慢性痛
  • 非定型歯痛 … 歯科治療後も長引く歯牙、歯肉、顎顔面の慢性痛
異常感の問題
  • 口腔異常感症(口腔セネストパチーを含む) … 口腔内のネバネバ、ベタベタ、ザラザラ、異物感、乾燥感、など触覚に関わるものや、異味覚など味覚に関わるもの
  • 咬合(かみ合わせ)異常感 … 歯科で何度も修正しても治らない咬合や義歯の違和感
その他の問題
  • 口臭恐怖症、歯科(治療)恐怖症

病名別の割合

約7割が原因不明の痛みに関連した症状です (東京医科歯科大学、平成26年度)

各症状の概説

舌痛症とは

舌痛症 簡易チェックリスト
以下のような症状はありませんか?

  • □ヒリヒリ、ピリピリする
  • □しびれる
  • □味がおかしい
  • □乾く、ネバネバ、ベトベトする
  • □食事や何かに集中するとまぎれる
  • □夕方から夜にひどくなる
舌に何の異常も認められないにもかかわらず、ヒリヒリ、ピリピリとした痛みやしびれが続きます。口腔内灼熱症候群とも呼ばれます。 多くは、舌の先端や背中、舌の脇や縁などに持続性、自発性の痛みを訴えますが、食事には支障が無いことが特徴的です。舌だけでなく口唇、口蓋粘膜や歯肉に同様の訴えが生じる場合もあります。約60%の患者さんに口腔乾燥感や味覚異常を伴うとされており、口腔異常感症との合併も多く見られます。
非定型歯痛とは

非定型歯痛 簡易チェックリスト
以下のような症状はありませんか?

  • □歯や歯肉が、じんわり、じわじわ、ずーんと痛い
  • □長い間(3か月以上)続いているが、時々強くなったり、別の歯に移動したりする
  • □食事は食べることができる
  • □歯の治療の後に発症するが、その後何度も治療を繰り返しても良くならない
  • □痛み止めを飲んでも効かない
歯内治療後や抜歯後にも続く、原因不明の頑固な歯痛を「非定型歯痛」いいます。顔面に痛みが及ぶ場合は「非定型顔面痛」と呼ばれます。 通常の虫歯や歯周病と違い、食事や睡眠には支障の無いことが多いことが特徴的です。また、三叉神経痛のような電撃痛ではありません。神経を抜く処置や抜歯を行っても痛みが消失しないことから、ようやく本症が疑われることもしばしばです。各種歯科治療や一般的な鎮痛薬は効果がありません。不必要な歯科処置の繰り返しに陥らないよう注意が必要です。
口腔異常感症とは

口腔異常感症 簡易チェックリスト
以下のような症状はありませんか?

  • □口が渇く感じがする
  • □ネバネバ、べたべた、ざらざらする
  • □唾液が出すぎて、ティッシュが手放せない
  • □味がおかしい
  • □口の中の異物(粒々、砂、膿、汁、テープ、プラスチック等々)がとれない
  • □歯やあごが、引っ張られたり、つっ張ったりする
  • □食事や何かに集中するとまぎれる
  • □夕方から夜にひどくなる
口腔内のまひ感、ネバネバ、ベトベト感や異物感、味覚異常などを訴えます。患者さんは唾液の分泌過多や口腔乾燥を訴えることもしばしばありますが、唾液分泌量は正常範囲内であることが多いです。また味覚異常を訴える場合は、甘・塩・酸・苦味は分かるが、「おいしくない」「本来の味がしない」と訴えたり、「いつも口の中が苦い」などといった異味覚の形で訴えることもあります。
咬合異常感とは

咬合異常感 簡易チェックリスト
以下のような症状はありませんか?

  • □咬み合わせの違和感が何度調整してもとれない
  • □被せ物や矯正治療の後から始まった
  • □歯科では異常が無いと言われるか、過剰な調整の跡がある
  • □全身の不定愁訴がある
被せ物や義歯の処置、歯列矯正の後に「歯のかみ合わせがいつまでも合わない」など咬合の異常を強く訴える症状で、Phantom bite syndrome(PBS)とも呼ばれています。Phantom biteとは英語で幻(まぼろし)のかみ合わせの意味です。繰り返しの咬合調整のみならず、咬合の再構成や全顎的な矯正治療を施したりしても改善しないばかりか、むしろ不快感が強くなる場合もあります。頭痛や肩こり、めまい、不眠など全身愁訴をしばしば伴います。
口臭(恐怖)症とは

口臭恐怖症 簡易チェックリスト
以下のような症状はありませんか?

  • □自分の口臭が他人の迷惑になっていると感じる
  • □そのことは間違いない事実であると思う
  • □鼻に手を当てる、口を覆う、距離を開けられる、窓を開けるなど、相手の仕草や行動が気になる
  • □歯や口の中に原因があると思うが、歯科では「特に問題ない」と言われる
  • □内科や耳鼻科でも「異常なし」と言われる
  • □自宅にいる時より、教室や職場など人前や外出時に悪化する
他覚的に口臭が認められないにも関わらず、自分の口臭により他人に迷 惑をかけているのではないかと絶えず悩みます。「口臭」のために、仕事や学校など、普段の生活まで影響が出ている患者さんも見られます。
歯科恐怖症について
歯科治療に対して強い不安や恐怖を抱くために治療の遂行が困難になってしまうことがあります。歯科の疾患があるのに、歯科治療を回避してしまい、口腔の状態が悪化してしまうことが問題となります。
メンタルの病気?大きな誤解です。 図:口腔異常感症の患者の脳機能画像:局所脳血流量のアンバランスが描出される 歯科心身症は従来の歯科治療では治らない「歯科的症状」です。患者さんが「して欲しいこと」に対し、いかに懸命に虫歯や歯周病、義歯の治療を施しても治らずに立ち往生してしまいます。逆に処置を繰り返す程、難治化することもしばしばです。 目に見えない「歯科的症状」へのアプローチが必要なのですが、「歯科的に問題ない」=「精神科」とは言えないのです。歯科的な病気が認められず精神科に紹介しても、「精神科的には問題ない」と送り返されてしまう場合がほとんどです。 では、このような口腔感覚の乱れや過敏が起きている患者さんの中では、一体何が起こっているのでしょうか。現在では、抹消から中枢にかけての神経と神経の繋がり部分の化学的な障害や、情報処理過程の歪みにつながる高次な脳の機能のアンバランスなども想定されています。 その証拠の一つとして、脳機能画像検査の一つで脳血流のアンバランス(図)が認められたとする報告もあります。

性別、年齢

中高年層の女性がメイン性格は真面目で几帳面なタイプの方が多いです
( 東京医科歯科大学、平成21年度 )

メカニズム

患者さんの中で、一体何が起こっているのか
schema
口腔内所見と自覚症状の乖離,口腔感覚の認知の歪み
  • 連合野における情報処理過程の歪み 思考や記憶など高次脳機能
  • 神経伝達物質レベルの障害 5-HT ,NA ,DA ,etc .
患者はウソをついているのでも、メンタルのせいでもなく、脳の中で「そう感じるようなエラー」が生じている

歯科心身症の治療

歯科処置の繰り返しで症状がさらに拡大・固定・増悪し、治療がますます困難になってしまう。歯科心身症の患者さんでは、総じて通常の歯科治療を繰り返すほど、その症状は治りにくくなってしまいます。その根底にひそむ「歪んだ口腔感覚」を修復せずに、いくら口腔内の処置を熱心に行っても治療は成功しません。また、安易に心理的な問題に介入するより、口腔感覚の安定を図ることが大切です。 まずは歯科治療を中止して無用な刺激を遮断した上で、鎮痛補助薬などによる薬物療法を行います。口腔感覚の安定を得た後なら、通常通りの歯科的処置がスムーズに遂行できます。 その上で「歯が原因」「歯のせいで全身的不調が生じている」などといった誤った認知(考え)や行動に対する修復技法(心理療法)も併用します。 しかし、注意が必要なのは口腔感覚の不調は、いろいろな原因で起こりうるということです。稀にうつ病や統合失調症の患者に生じることもあれば、震災のような過酷な状況とパーソナリティの限界から不調になることもあります。このようなケースでは、精神科医との連携が必須になります。

歯科心身症の治療

(東京医科歯科大学、平成26年度)参考までに院長在籍の東京医科歯科大学での治療成績を示します。約7割の方で改善が得られています。不快感の患者さんより、痛みの患者さんの方が比較的良い治療成績となっています。 詳しくは、診療についてのページも参照ください。